1枚だけCDプレスするなら自主制作

自分が作った音源をCD化するには、CDプレスしなければなりません。プロの場合、業者に依頼してまとめて作成するわけですが、趣味で音楽をやっている場合はそれほど大量にCDをプレスする必要がありませんね。もし、一枚だけCDを作りたいというなら、これはどれだけ料金が安い業者でも、やはり自主制作するほうがコストは安くなります。また、一枚だけ対応してくれる業者は少ないのが現状です。自分でも、割と簡単にCDを作れます。空のCDとパソコンがあれば、後はインターネットでやり方を調べながらやると、比較的スムーズに自分の音源をCD化することが出来ます。業者のCDプレスはどちらかと言うと、それなりの枚数を作成したい時に活用するほうが、業者を利用するメリットは高くなると言えます。希望する枚数から判断していくようにしましょう。

CDプレスを依頼するならジャケットも考えておこう

業者にCDプレスを依頼すると、簡単にオリジナルのCDを作ることが出来ます。業者に依頼する時は、料金をしっかりと見ておくことが基本ですが、それ以外にもジャケットについてもしっかりと検討しておきましょう。一般的にCDと言えば、プラスチックのケースに入っていますね。ちょっとオシャレなCDになると、紙のジャケットで売られているCDなんかもあります。CDプレスを行っている業者によって、どのようなジャケットに対応しているのか違いがありますが、大半の業者は一般的なジャケットの種類に対応していることが多いです。ジャケットを付けると、オプション料金として値段が高くなってきますが、やはり中身だけではなく外観までしっかりとCDを作成したいなら、ジャケット込みで依頼しておきたいところです。どんなジャケットにするのか考えておきましょう。

CDプレスはプロだけのものではない

CDプレスは一般人にとっては遠い存在に感じますが、このサービスはプロだけのものではありません。例えば、趣味でピアノをやっている場合に、自分で演奏した曲を録音しておき、それをCD化したいという場合はCDプレス業者に依頼すると、簡単に自分のCDを作ることが出来ます。このサービスは比較的安い価格で依頼出来る業者もあるので、値段も想像よりは安いです。作成する枚数にもよりますが、手間と完成度を考えると、やはり業者に依頼する方が便利です。アマチュアで音楽をやっている人以外にも、趣味で音楽をやっていたり、学園祭の演奏会の音源をCDにする場合など、CDプレスは割と身近なサービスでもあります。業者の探し方ですが、基本的にインターネットを活用して探すと良いです。いろんな業者の情報を見つけることが出来るので、スムーズに業者を探せます。