人材採用を行う理由を探してみる

人材採用で失敗しないためには

競争の激しい現代社会において、低コストと高生産の実現を目下の最重要課題とする企業も多くなっています。そのため、各企業の人事採用担当者が今一番神経を注いでいるのは、どれだけ効率的に有能な人材を確保できるかということであるといっても過言ではありません。効率的な人材確保の方法として近年注目を浴びているのが、人材紹介会社の利用です。
人材紹介会社とは、人材を欲している企業からの求人依頼と、転職希望者の登録の両方を受け付けている民間の職業紹介所のことで、厚生労働大臣の許可を得て初めて成立します。人材紹介会社は国内に数多く存在しており、信頼度の高い大手の業者から、コストパフォーマンスの高さを売りにいている小さな業者まで、実に様々です。企業は、求人、面接、採用など、何から何まで自分たちの手で行う場合、有能な人材確保と引き換えに多大なコストと労力を消費せざるを得ません。
しかし、自社のニーズに合った人材紹介会社を上手く選ぶことができれば、かなりのコスト削減を実現できることでしょう。人材紹介会社に求人依頼をすることによって手数料を払うことになりますので、その手数料に見合うような成果を出してくれる業者なのかどうか、きちんと見極めることが最も大切であるといえます。人材採用担当者の方は、人材紹介会社について真剣に検討してみてはいかがでしょうか。

人材を人財とする心がけ

現在、民間企業の多くが人材難、人材不足に陥っています。企業側も未経験からでも積極採用を推進するものの、早期退社も少なくなく、頭の痛い問題となっています。ただただ人員確保をするだけでは会社への利益とはならず、人材採用をする側はスペック、人柄を求め、採用、入社すらままならない悪循環に陥っているケースが目立ちます。根本の原因はなにか?今と昔の違いはなにか?それは教育課程の違いが大きく影響しており、その中の一つ、携帯電話の普及による直接的コミュニケーションの減少があります。
携帯電話の普及により、必要な人と、必要な話しだけをする事が当たり前になりました。文面で伝わるものと、対話で伝わるものの違いに気付けず、面接などの場での失敗が自分に自信が持てない若者が非常に増えてきてしまっていることが本質です。相手に伝える経験の減少が自己主張を小さくし、自分の長所が言えないなんて事は少なくありません。
採用側は、まずは徹底的に褒める長所に気づいてあげることからスタートしてみましょう。企業側は面接相手に理由、根拠を求めます。だからこそ、採用したい人材には採用したい理由、根拠を全力で伝えてみましょう。仕事に人を当て嵌めるのではなく、人に仕事を当て嵌める意識に変えるだけで、頑張れる理由を植え付けることができます。小さな心がけですが、心がけには時間も経費も必要ありません。まずは人材採用する理由探しをしてみませんか?

INFORMATION

人材採用をする上で大事なこと

働き方改革で人材を確保 現在、企業は、働き方改革を進めています。そこで、企業が取り組む働き方改革の優先課題…

READ MORE

様々な場所に求人を公開して人材採用を行う

労働時間の是正で人材確保 企業において、従業員が働きやすい環境を整えることが優秀な人材採用、確保に直結する…

READ MORE

人材採用を行う理由を探してみる

人材採用で失敗しないためには 競争の激しい現代社会において、低コストと高生産の実現を目下の最重要課題とする…

READ MORE

人材採用によって今後の会社が左右される

社員採用と人財 会社という組織を運営する上で、人材は必須かつ重要です。人材は人財ともいい、人件費という維持…

READ MORE