人材採用をする上で大事なこと

働き方改革で人材を確保

現在、企業は、働き方改革を進めています。そこで、企業が取り組む働き方改革の優先課題をみてゆきましょう。第一に「長時間労働の是正」です。長時間労働は、過労死や過労自殺の原因です。第三に「女性の活用」です。現在、日本では超人手不足です。2017年5月の有効求人倍率は1.49倍と、1974年2月以来43年3カ月ぶりの高さを記録しています(1974年2月は1.53倍だった)。
なかでも正社員の有効求人倍率(2017年5月)は、0.99倍であり、2004年の調査開始以来、最高となっています。また、完全失業率(2017年5月)は3.1%です。まさに、女性の活用は急務なのです。第三に、「子育て、介護と仕事の両立支援」です。介護離職をふせいで、人手を確保するのがねらいです。第四に「賃金引き上げ」です。これは、賃金を引き上げで低迷する個人消費を喚起するのがねらいです。
個人消費が伸びれば、企業収益も上昇します。第五に「時間や場所を問わない柔軟な働き方の実現」です。これは、テレワーク(在宅勤務)を通じて、育児などで職場を離れざるを得ない女性の人材や親の介護で離職した男性を確保するのがねらいです。こうした、働き方改革は一時的に企業の負担を増やす面もあるが、経営にプラスなのです。つまり、企業にとって人材採用の面で有利なのです。労働者が働きやすい環境を整えることが優秀な人材の確保に直結するからです。

人材採用の節約術

現在様々な企業で少子高齢化に伴い人手不足の会社は多いでしょう。そんな中人材採用は非常に大事な部分で費用も実は多くかかるものの一つです。人材採用には今では人材採用サイトにのしたり、人材採用の斡旋業者を使ったりするのが主要になっています。そして、新卒一人雇うのにかかる平均費用は約55万円、中途採用では約40万円です。
因みにこれは求人広告による費用のみです。これだけかかるのにすぐ辞めてしまう人材などを採用してしまうのは大きなロスですよね。やはり、このコストを削減するには採用業務の質を高めるのが一番大事と感じます。一重に採用業務の質を高めるといっても中々難しいと思いますが、一番大切なのは応募者が入社してからやりたい事や希望している職種に双方のずれがないか確認する事です。どんなに優秀そうな人材でもやはり希望していた業務と違うと優秀だからこそ早期退職してしまいます。
また、最近では採用業務システムと呼ばれるものを採用している企業も多いです。これは、求人サイトや情報誌でかかった費用とその効果を測定するシステムです。このどの求人媒体が効果的でどの求人媒体に力を加えたらいいのか迅速に判断出来るのは非常に大事な事です。勿論このシステムを導入するのに費用は掛かりますが、この費用分の効果は大いに見込めるはずです。人材採用の際大事なのは、上記の通り応募者の希望が企業とマッチしているかという事と、余分な媒体は省くという事でしょう。

INFORMATION

人材採用をする上で大事なこと

働き方改革で人材を確保 現在、企業は、働き方改革を進めています。そこで、企業が取り組む働き方改革の優先課題…

READ MORE

様々な場所に求人を公開して人材採用を行う

労働時間の是正で人材確保 企業において、従業員が働きやすい環境を整えることが優秀な人材採用、確保に直結する…

READ MORE

人材採用を行う理由を探してみる

人材採用で失敗しないためには 競争の激しい現代社会において、低コストと高生産の実現を目下の最重要課題とする…

READ MORE

人材採用によって今後の会社が左右される

社員採用と人財 会社という組織を運営する上で、人材は必須かつ重要です。人材は人財ともいい、人件費という維持…

READ MORE