様々な場所に求人を公開して人材採用を行う

労働時間の是正で人材確保

企業において、従業員が働きやすい環境を整えることが優秀な人材採用、確保に直結するというのが、共通認識です。企業は、慢性的な人手不足に悩んでいます。現在、日本では年々人手不足が深刻化しています。2016年の出生数は100万人をついに切りました(97万人)。戦後は、250万人を超えていました。現在の日本は人口減少社会を迎えているのです。
そこで、企業は人材確保のために働き方改革を進めています。人手不足による深刻な長時間労働(時間外労働)が問題になっていますが、現在企業では、労働時間のあり方についてどのような改革を進めているのでしょうか。第一に「所定労働時間内の密度を高め、残業時間(時間外労働)を短くする」ことです。過労死、過労自殺、ドライバーの事故の原因が長い残業時間でいあることが指摘されています。
そこで、残業時間を極力減らそうという取り組みです。第二に「短時間勤務の導入」です。これは、時間あたりの生産性を高めて、労働時間自体を減らしてしまおうという取り組みです。第三に「フレックスタイム導入で自由度を高める」ことです。これは、労働時間という概念にとらわれず、出社や退社の時間を自由にすることで労働時間ではなく成果に基づいて報酬を支払おうという試みです。政府は労働時間に上限を設ける方針ですが、企業は規制強化だけでなく、多様な働き方を認めることで労働生産性を上げようと考えています。

人材採用を見越した求人の公開

新しい人材採用を目指して、求人情報を公開する企業は、多い状態で推移しているのではないかと思います。求人を公開する取り組みを実現させることに伴い、新しく仕事を探している人からの応募が寄せられる可能性が高くなるとされています。ここ数年は、新卒の人材に加えて既に仕事の経験のある人からの求人への応募も高い頻度で寄せられ、求人の公開がそのまま人材作用に繋がるとされています。
求人情報誌への掲載や、ハローワークでの求人公開、ネットでの情報の掲載など、昨今は幾つもの方法が確立されています。求人の公開によって人材採用を推進していく流れは、複数の分野や業界で確認されています。以前から積極的に求人の公開に乗り出している企業も散見されていることから、人材を随時採用して活躍してもらう環境が形成されているのではないでしょうか。
求人では給料や休日などの待遇に加えて、職務内容などの明記が義務になることが多いとみられています。正しい内容で情報を公開して、新たな人材採用がスムーズに進められるようにすることが望ましいと認識されています。求人を公開して人材採用を進める企業は、これからも多い状況がキープされるのではないかと考えられています。

INFORMATION

人材採用をする上で大事なこと

働き方改革で人材を確保 現在、企業は、働き方改革を進めています。そこで、企業が取り組む働き方改革の優先課題…

READ MORE

様々な場所に求人を公開して人材採用を行う

労働時間の是正で人材確保 企業において、従業員が働きやすい環境を整えることが優秀な人材採用、確保に直結する…

READ MORE

人材採用を行う理由を探してみる

人材採用で失敗しないためには 競争の激しい現代社会において、低コストと高生産の実現を目下の最重要課題とする…

READ MORE

人材採用によって今後の会社が左右される

社員採用と人財 会社という組織を運営する上で、人材は必須かつ重要です。人材は人財ともいい、人件費という維持…

READ MORE